お餅つきのお手伝い

親戚でお餅つきをした時のことです。

この時は親戚でこれる人が少なかったので、娘も手伝いの1人と考えられていました。

しかし、いかんせん3歳ですから、それほど戦力になるとは思っていませんでした。

0歳や1歳の時にも手伝いに一緒に行きましたが、危ないので全く何もできず、私がおんぶしていたり、蒸していた米に顔を近づけてスチームで温まっていたぐらいでした。

しかし今回は、あんこを丸めておくんだとか、ちぎった餅にあんこを入れるとか、丸めるとか、作業を教えると「ハイ!」と返事をしてどんどん手伝ってくれました。

最近覚えたてのひらがなを素早く読めるようになっていたのも、成長の一つだと思いました。

私が手が離せないときに、餅つき機の「むす」とか、「つく」とかいう文字を読み取って代わりにスイッチを押してくれたりもしました。

ひらがなが読めるのね?と親戚に言われて得意顔でした。

大人だけでなく娘も何時間も立ちっぱなしで手伝ってくれたのは、すごく助かりました。

女の子は手伝いができるからと、生まれた時に言われ、それほどでもないだろうと思っていました。

しかしこの時ばかりは本当に成長して、家族の一員としてよく働いてくれたと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です